スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度に使える硬貨には枚数制限がある。

昭和13年に施行された「臨時通貨法」により、


同一の硬貨

21枚以上の使用はお店側に拒否される下線文事があります。


これは1円玉をはじめ、5円、10円、50円、100円、500円の硬貨にも適応されます。


※ただし店側も「拒否できる」というだけで受け取ってはいけないというわけではありません。


お札には枚数制限はないのかな?

500万円の車を一括キャッシュで買うときに、千円札5千枚出されたりして・・・

まあ、そんな人いないかっ(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本日のおすすめ
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クイズ・なぞなぞ
11位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。